たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市

肌のトーン - Nikon Picture Control Editor


かけだしの頃、白黒フィルムで顔の修整をしていた時、「皮膚感を壊すな!」とよく言われました。皮膚目には流れがあって、それを無視して修整鉛筆のタッチを入れるなと言う事です。今は、デジタルデータに、ソフトに搭載されているツールにおまかせでの修整がほとんどで、皮膚目云々と言うのを聞か無くなりましたが、それでも肌のトーンについては、フィルム時代よりはるかに選択肢があるので、皆色々工夫を重ねています。今、ニコンのカメラを使っているので、画作りを司るピクチャーコントロールに、Nikon Picture Control Editorからダウンロードしたカスタム物を入れてみました。大好きな「フジ S5Pro」のトーンに近づくと嬉しいのですが。



  • 同じカテゴリー(撮影)の記事画像
    ピアノ発表会でiUSBportCAMERA + D600
    マンフロット MPローラーバッグ70
    さながらハーメルンの笛吹き
    秋の遠足 - 府中の森公園
    全体とディティール
    新緑の中で神前結婚式
    同じカテゴリー(撮影)の記事
     ピアノ発表会でiUSBportCAMERA + D600 (2016-07-28 17:00)
     マンフロット MPローラーバッグ70 (2016-02-25 16:53)
     さながらハーメルンの笛吹き (2015-10-19 13:55)
     秋の遠足 - 府中の森公園 (2015-10-01 14:39)
     全体とディティール (2015-06-25 12:17)
     新緑の中で神前結婚式 (2015-05-03 17:13)

    2014年09月08日 Posted byKewpieman at 13:27 │Comments(2)撮影

    この記事へのコメント
    Kewpiemanさん、いつも「たまりば」のご利用ありがとうございます。
    「たまりば」運営事務局でインターンシップをしている学生スタッフです。
    それにしても「皮膚感を壊すな」とは……細かい。
    写真に詳しくない自分からのコメントで申し訳ないですが、写真は撮った後の修正にも気を使っているのですね。勉強になりました。
    Posted by たまりばスタッフたまりばスタッフ at 2014年09月08日 14:51
    たまりばスタッフさん、コメントありがとうございます。
    当時、先達の先生方が教えたかった事は、技術的な事に加えて「細かい事にまで気を配れ」と言う事に尽きると思います。フィルムの時代からデジタルの時代になり、作業方法は変わりましたが、根っこの考え方は同じですね。もし、昔の大きな白黒肖像写真をご覧になる機会があれば、影が出来る部分をよく見てみて下さい。肌のしわに隠れる様に修整の痕が見える事がありますよ。
    Posted by KewpiemanKewpieman at 2014年09月08日 18:53
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    肌のトーン - Nikon Picture Control Editor
      コメント(2)