たまりば

  日記/一般 日記/一般  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

又撮影の流儀 - 絵画撮影


まだフィルムで撮影していた頃(ずいぶん昔の様な気がしますが、まだ数年前なんですね)、よく絵画撮影の依頼がありました。ほとんどが印刷用なのでリバーサルフィルム(スライド用フィルム)が必要でしたし、100号クラスの大作だと狭いアトリエで自分で撮影するのは大変ですね。複写の基本は均一に照明を当てる事で、ライトの向きで調整をするのですが、ライトの明るい中心を使わずに周辺の光が散って行く所を使うと、スポット的に明るい所が出来ません。しかし、絵によっては均一でない方が良い場合も有ります。主に油絵ですが、絵の具が盛り上がっている絵や、レリーフ等が埋め込まれている絵です。その存在感は「影」に因る所が大きい訳ですから、作品の下部は若干落とし気味にしていました。その時に、右下を落とすか左下を落とすか、または平均に落とすかは、絵の表現を読まなくてはならないのは、言わずもがなですね。  


  • 2011年12月19日 Posted by Kewpieman at 19:19Comments(0)撮影